頭皮が赤いことに気付く前からやっておきたいケア

頭皮が赤いことに気がついた経験がある方は意外に多いのではないでしょうか。
頭皮が赤いからと言ってすぐに治療が必要だというわけではありません。自然に治る場合もありますが、長期的に赤いままだったり、かゆみや痛みを伴ってきた場合には治療が必要となってきます。
そもそもこの頭皮が赤くなる症状は、頭皮近くの毛細血管が拡張し、頭皮下の毛細血管が透けて見えるためです。
毛細血管が拡張する原因は、シャンプーやリンスの刺激であったり、乾燥、紫外線、ヘアカラーなど様々です。
かゆみや痛みの症状がなくいつの間にか治っている場合もありますが、症状が長期化してかゆみや痛み、化膿といった悪化がにつながってしまう場合もあります。
なので早期に発見して対処することが必要となってきます。
赤いなと思ったときの対処方法として、日ごろからヘアケアの際に髪の毛の分け目や額や頭の境目をチェックする習慣を身に着けることがおすすめです。
そして頭皮の清潔を保つことが重要です。
シャンプーやリンスのすすぎ残しがあると赤くなる原因となってしまいますし、リンスやトリートメントのすすぎノ残しは要注意です。また、紫外線を浴びすぎないよう、帽子をかぶることも大事です。乾燥が目立つ場合には化粧水や乳液を使用することも効果的です。
そして適度なブラッシングを行うことで、頭皮のマッサージ効果が得られますし、角質を落とすことで赤みを防ぐことにつながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です