疲労回復にイミダペプチド

近年はストレス社会と言われ常に疲労が溜まっていてなかなか取れずに生活している方も多いと思います。

ストレス解消といっても疲れていてそんなことするんだったら家でゆっくりするなどという方も多いと思います。

そのゆっくりする時間さえなくバリバリ働いている方も多いですね。

最近では大手企業でも過酷な労働が問題になっているくらいですからね。

そういった状態を続けていると今は良くてもいつか心身ともにガタが来ることは間違いないですね。

ですからなるべく疲労を溜めない、解消するということも生活の一部として行うことが大事です、

じゃあどうするのということになりますがストレス解消のに趣味などをする、しっかり休むなどですが、上でも書いたようにそれがなかなか難しい時代なんですよね。

そこでサプリメントなど健康補助食品で補うというところです。
疲労回復に良いとされる健康食品はいろいろありますが今注目されているのがイミダペプチド(イミダゾールジペプチド)です。

イミダペプチドは鳥などの 筋肉細胞に多く含まれるアミノ酸結合体です。

臨床試験などでも効果が認められているようです。

最近はこの成分が配合されたサプリメントが出てきています。

どうも疲労が取れないなどと言う方は一度試してみると良いのではないでしょうか。

安眠するために必要なこととは

生活するうえで、もっとも大切な要素と言えるのが睡眠です。毎日の睡眠時間が適度に確保されているということはもちろんですが、質の良い安眠ができているかということに関しても、きわめて重要なことになってきます。安眠をするためには、寝つきが悪かったり、寝る姿勢がなかなか決まらずに、寝返りをくりかえしたりしないということが必要ですが、具体的な方法としては、まくらが合っているかどうかということも、安眠に欠かせない理由になっています。自分自身の頭や首に合っているまくらでなければ、充分な睡眠をとることができないばかりではなく、朝起きたときに、首や肩の部分が痛くなっているということもあります。ですから、安眠するためには、まくらが大切な要素となるわけです。ほかにも、安眠するために必要なことがあります。それは、寝る前にテレビやパソコンなどの画面を見過ぎない、ということがあげられます。そして寝る前には、できるだけ部屋を暗くして、寝る準備を整えておくことが大切になってきます。部屋の電気を暗くすることによって、脳が安眠するための準備を整えようとしますので、なるべく蛍光灯などの光を浴びないということが重要になるのです。

 

寝たままヨガの魅力

仕事や家事に追われる生活をしていると、ついつい心に余裕がなくなってイライラ・・という人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが“寝たままYOGA”ベッドに入ってから寝るまでの間にできるので、着替えたりヨガマットをひいたりする必要もなく気軽にはじめられます。実はYOGAのポーズは寝た状態でできるものも多く、一般的にストレッチとして知られているようなポーズもYOGAにはあるので、そういうポーズだけを選んで行うものです。

コツは、まずできるだけ静かで落ち着くことのできる環境を整えることです。自分のすきな音楽(落ち着いた雰囲気のもの)をかけてみるのも効果的です。環境が整ったら仰向けになり、手のひらを上にむけてゆっくりと鼻呼吸します。そして好きなポーズをしながら、その日1日の嫌なことや上手くいかなかった事などを呼吸と一緒にはきだし、“明日なりたい自分”をイメージします。

眠りに落ちる直前の思考というのは、実は寝る前に考えたことは寝ている間も無意識に脳の中で何度も繰り返されると言われており、寝る前にポジティブな思考を持つことができれば、その思考が無意識に繰り返され、次の日はポジティブな気分で1日過ごせるというわけです。

自分でBGMを探したり、ポーズを覚えるのがめんどくさい場合は、スマートフォン用のアプリや、youtubeなどの動画で検索してもみつけることができます。その日の気分によって、様々な目的に合わせたYOGAを選択することもできます。アプリやyoutubeなどのYOGAではポーズを音声で説明してくれるものもありますので画面をみなくていいのも利点です。